\ 自分ブログを作って、自分の世界を広げよう! /

ちょこヘル!

amazonJSの使い方

投稿日:

アマゾンの商品を簡単に紹介できるプラグイン「AmazonJS」。このプラグインの設定については、検索すればたくさん出てきますので、そちらを参考にして下さい。ここでは、投稿ページにおいての「AmazonJS」の使い方を紹介します。

AmazonJS

オシャレな見た目でいいね!

このプラグインを使って、アマゾンで扱っている商品をページ内で↓のようにオシャレにリンクを貼れます。パソコンからでもモバイルからでも、見てる画面サイズに自動で合わせてくれます。(レスポンシブ対応)

↓パソコンから見た感じ
20160822_7-min

↓モバイルサイズで見た感じ
20160822_8-min

AmazonJSの使い方

使い方は、いたって簡単です。1度やってみれば、もう迷うことは無いと思います。

①編集ページの「a」マークをクリック

20160822_1-min

②別画面が開くよ!

20160822_2-min

③探したいものをキーワードに入れて検索!

20160822_3-min

④ずらっと一覧表示されるよ!

キーワードに沿ったものが、ずらっと一覧表示されます。リンクを貼りたい商品の右端にある「選択」をクリック!
20160822_4-min

⑤テンプレートを選んで、本文内に挿入!

テンプレートを色々選んでみて下さい。プレビューが見れます。テンプレートを選んだら、画面下の「挿入」をクリック!
20160822_5-min

基本は、「デフォルト」ままか「少ない情報」で良いと思います。商品によっては、画像(中)とか画像(大)とかも目を引いて良いです。

⑤本文内にショートコードが挿入されればOK!

「挿入」をクリックすると、別画面は閉じられて、本文内に↓のようにショートコードが入ります。ショートコードとなるのは、「デフォルト」や「少ない情報」を選択した場合です。
20160822_6-min

↓のように単純なHTMLのテンプレートを選ぶと、
20160822_10-min

↓ビジュアル面では画像そのものが挿入されます。
20160822_11-min

↓テキスト面ではHTMLタグが挿入されます。
20160822_12-min

基本的に、挿入されたショートコードもHTMLも改変しないほうが良いです。

マメにコンテンツ内にリンクを貼りましょう!

自分のコンテンツ内に貼ったアマゾンへのリンクを、誰かがクリックしてアマゾンに見に行ったとして、紹介した商品は買わなくても、そのまま他の商品を見て購入に至った場合でも、自分にちゃりんと紹介料が入ります。

紹介料(紹介率)は、商品によって違います。同じ本でも、紙の書籍だと3%前後ですが、kindle(電子書籍)だと8%になります。他にも、サプリメントは5%ぐらいだったり、ファッションは8%ぐらいだったりと、カテゴリーによって率が違います。

どんな内容のコンテンツであっても、何かしら紹介できるものはあるはず。マメにアマゾンリンクを貼っておけば、知らぬ間に売れてたりします。ちりも積もれば何とやら・・・ですよ。例え、数百円でも数千円でも嬉しいよ~。(・∀・)

アマゾン・アソシエイトは、月の紹介料が500円以上になったら支払われます。5,000円以下は、ギフトカードでの支払いとなり、5,000円以上なら現金振込も可能になりますが、振込手数料を引かれます。

ギフトカードは、メールで届き、自分のアカウントに簡単に追加できます。アマゾンで毎月何かしら買い物をしているなら、1万円ぐらいまではギフトカードで貰う方が良いと思います。

あっそれと。「自分で買う時も自分のリンクから買えば、紹介料も入ってきてお得~♪」と、自分のものを自分で貼ったリンクから購入するのは禁止ですよ~。自分のリンクから買った場合は、注文・売上としてカウントされません。

↓こんな感じで貼るのよ!(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ワードプレス
-

\ 役に立ったらシェアシェアを! /

Copyright© ちょこヘル! ♥ 2008-2017 All Rights Reserved.