本体およびプラグインのバージョンアップはマメマメに!

投稿日:2016/09/15 更新日: -ワードプレス -

wordpressは、世界中で使われています。そのため、スパム攻撃にも合いやすいため、バージョンアップは日々行われています。

管理画面の赤丸↓場所に数字がでてきたら、何かしら更新すべきものがあるというメッセージです。更新メッセージがでたら、後回しにせずにマメマメに更新しましょう!

20160911_1a-min

更新メッセージがでていたら、「ダッシュボード→更新」画面に。

本体の更新

WordPressの更新ページで、下↓のように赤いボタンがでていたら本体のバージョンアップができます。

本体のバージョンアップをする前に、大事をとって、バックアップを取っておくことを忘れずに。

20160911_1b-min

新しいバージョン名の最後が、「ja」となってることを確認し、「今すぐ更新」をクリック!

更新が行われているうちは、どこもクリックせずに、しばらく待ちましょう。画面変遷が行われます。また、表側は「メンテナンス中」となります。

更新中に、データベースの更新がでることもある

本体の更新中に、下↓のように「データベースを更新して下さい」の画面が出ることもあります。いつも出るわけではありません。

20160911_3a

「Wordpress データベースを更新」をクリック!

無事に完了すれば、下↓の画面になるので、「次」をクリック!

20160911_4a-min

データベースの更新も無事に完了したら、本体のバージョンアップが完了し、下↓のような画面になります。

20160911_5-min

プラグインの更新

再度、「ダッシュボード→更新」のページに戻り、続いて、プラグインの更新をします。

20160911_6a-min

①「すべて選択」にチェックを入れれば、更新プラグイン全部にチェックが入ります。
②「すべて更新」をクリックで、全部が順番に更新されていきます。

更新中は、下↓のように1つずつプラグインが更新され、メッセージが表示されます。プラグイン更新中、表の画面は「メンテナンス中」になります。

20160911_7-min

プラグインの更新が完了すると、下↓のように「すべての更新が完了しました。」のメッセージが表示されます。

20160911_8a-min

本体・プラグインの更新が終わったら、続いて「テーマの更新」「翻訳の更新」になります。

「テーマの更新」「翻訳の更新」について

「テーマの更新」「翻訳の更新」の頻度は高くありません。使っているテーマ以外に、テーマを所持した状態だと「テーマの更新」が頻繁になるので、使ってないテーマは削除しておく方が良いです。

テーマの更新は注意が必要

「テーマの更新」も「プラグインの更新」と同じように、更新画面にでているテーマにチェックをいれ「更新」をクリックすれば更新できます。

ただ、テーマ本体をカスタマイズしている方は注意が必要です。テーマ本体のPHPをカスタマイズしているのに、「テーマ更新」すると、カスタマイズした部分も上書きされます。

上書きされて困る人は、テーマの更新はせずにいるか、カスタマイズ部分を別でコピーしておいて、更新した後、改めてカスタマイズするかして下さい。

「翻訳の更新」もあれば忘れずに

「翻訳の更新」は、「ダッシュボード→更新」画面の1番下にボタンがでます。いつも出るわけではありません。「翻訳を更新」ボタンがでていたら、忘れずに更新しておきましょう。

Copyright© ちょこヘル! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.