【さくらサーバー】ワードプレスインストールの流れ

投稿日:2016/09/16 更新日:

ワードプレスをインストールできるサーバーは他にもたくさんあります。自分の好みで決めると良いです。

ワタシ的には、さくらインターネット が好きなので、お客さんから依頼されて作る場合も含めて、さくらのサーバー(スタンダードプラン)で構築しているので、ここでは、さくらサーバーでワードプレスをインストールする流れです。

Ⅰ.データベースを準備する

ワードプレスをインストールする前に、データベースの準備をしておく必要があります。データベースは、投稿した内容を保存する場所です。

データベースの新規作成

①さくらサーバーの管理画面に入り、左側メニュー「アプリケーションの設定」の「データベースの設定」をクリック

「データベースの設定」画面↓が開きます。
20160915_1a

②「データベースの新規作成」をクリック

データベースバージョン ①最新バージョンが選択されているので、そのままで。
データベースユーザ名 そのままで。変更できません。
データベース名 ②ユーザ名_任期の文字列(半角英数文字で、好きな文字列を。)
接続用パスワード ③データベースに接続するためのパスワードです。任意の文字列で。ワードプレスのインストール時に必要なので、どこかにメモしておくこと。

データベースにログインすることは、通常はありません。データベース側を触るには知識がいるので、素人が無闇に触らない方が良いです。

データベース文字コード ④初期設定は「EUC」になってます。必ず「UTF-8」に選択しなおして下さい。ここを忘れると文字化けします。
⑤内容を確認し、最後に「データベースを作成する」をクリック!

③データベースが一覧に追加される。

これで、データベースの準備ができました。ここからワードプレスをインストールしていきます。

Ⅱ.ワードプレスのインストール

①左側メニュー「運用に便利なツール」の中の「クイックインストール」をクリック

②カテゴリーメニューの「ブログ」をクリック

③インストールメニューの「WordPress」をクリック

④インストール画面が開く

↓のインストール画面になります。

⑤注意事項で項目を設定し「インストール」をクリック

確認 ①チェックを入れる。
インストール先 ②ワードプレスをインストールするフォルダ名になります。任意の文字列を半角英数文字で。

※インストール先のURLは、さくらサーバーの初期ドメインを選択して下さい。独自ドメインを設定していても、ここでは選ばないように。別の場所で、インストールしたワードプレスに独自ドメインを設定します。

データベース 1つしかデータベースがなければ、今表示されてるデータベースのままで。データベースを複数作ると、データベースの選択ができます。
データベースパスワード ③先ほど設定したデータベースのパスワードを入力。自分で設定したパスワードですよ。
テーブルの接頭後 ④自動的に文字列が入ってるので、そのままで良いです。

※複数のワードプレスを、1つのデータベースの中にインストールした場合、この接頭後でどのブログのデータかを識別します。

⑤最後に「インストール」をクリック!何かミスや入力忘れがあるとインストールできません。

⑤インストール完了!


「インストール完了」画面になれば、OK!無事にインストールが出来ました。\(★^ω^★)/やたぁ~!

すぐに「アプリケーション(インストールしたワードプレスのこと)の設定に進む」をクリックしたいとこですが、ちょっと待った!

先に、インストールしたワードプレスに独自ドメインを設定します。インストールしたワードプレスに独自ドメインをしてから、ワードプレスの初期設定に進みます。

ただし、すでに独自ドメインを別サイトで運営していて、ワードプレスに作り変えならば、このまま「アプリケーションの設定へ進む」に行ってよいです。

\ スポンサーリンク /

このブログは、パナセ こと 折田が書いています。天職探して転職30回の末、2004年より一人自営業やってます。⇒パナセ♥オフィシャル

2012年から手相観も始め、岡山で手相鑑定をベースに個人コンサルティング(よろず相談)を行ってます。⇒手相観ぱなせ

-設定編

Copyright© ちょこヘル! , 2008-2018 All Rights Reserved.